コンサルタント

iso取得に欠かせない外部コンサルの費用|企業における情報管理

電子化で得られるメリット

IT

文書管理システムを使って紙媒体文書の電子化を行なうことで様々なメリットを得ることができます。社内で情報共有をしやすくなるうえに、重要な情報を消失してしまうリスクを軽減することが可能です。

もっと読む

システム導入時の優先順位

オフィス

文書管理を電子化して行なうためには文書管理システムを導入するのが1番早い手段だといえます。このようなシステムを導入する際はいくつかのポイントを押さえておくことが重要になってきます。

もっと読む

情報漏洩を防ぐ認証審査

ネットワーク

近年は個人情報漏洩や流出などが問題となる時代となりました。そのような事態を避けるためには日ごろから従業員の社内教育を徹底して行なうことが大切です。ISO27001審査を行なうことで社内のモラルやマナーの向上に繋がります。

もっと読む

外部コンサルのコスト

男性

企業の信頼度を社外にアピールする方法としてisoの取得は必須項目ともいえる時代になりました。取得するために品質マネジメントを構築運用し第三者認証機関の承認を受ける必要があるので、取引の際にも強いアピールとなるでしょう。他人にも自社が取り扱う製品の管理システムを明確化したり、従業員全体のモラル向上に繋げたりすることが可能といえます。isoを取得することで顧客満足度が上がったという事例もあるほどです。この認証を取得するのは社内に教育担当を立てて、研修などを行なう方法がありますがほとんどの企業は外部のコンサルと利用することが多いです。やはりプロにお願いすることでしっかりとした教育を行ないたいと考える企業が多数いるからでしょう。コンサルに依頼をするといくらかの費用が発生するということを覚えておくことが大切です。発生する費用としてはまずisoシステム構築の文書作成支援にかかる費用です。認証規格の説明と社内部の現状分析、そして不足している部分の対応策を検討して、対策方法を文書化してまとめるまでが第1段階の費用となります。そして第2段階の費用としては、社員研修の実施と内部監査の立ち会いとなっています。その他にもマネジメントレビューや指摘された事項の対策案提出などが費用として発生してきます。コンサルの総額費用は会社によって異なりますが、最適規模でも50万円から100万円は見積もっておいた方が無難だといえます。日数が掛かる認証の場合は、コンサルの宿泊費用なども含めておくと良いでしょう。