スーツのウーマン

iso取得に欠かせない外部コンサルの費用|企業における情報管理

情報漏洩を防ぐ認証審査

ネットワーク

パソコンやインターネットが普及して情報通信産業が活発化した時代となりました。プログラムやweb制作などITの分野に携わる企業にとって、情報というのは資産の1つです。最近ではハッキングやウィルスなどによって個人情報が流出したりする事例がありました。IT企業ではそのような事態を引き起こさないために、外部の企業が審査に入ることがあるのです。数ある審査の中でも有名なのがISO27001だといわれています。この認証を取得することで、企業側は名刺や自社webサイトにISO27001のロゴマークを掲載することができるのです。ISO27001を取得しているということを社外にアピールできれば、取引先からの信頼も得やすく新たなビジネスチャンスにも繋げることが可能です。
近年は、取引条件としてISO27001取得を提示する企業も増えてきました。このような動きは行政機関に留まらず、大手民間企業にも広まっているのです。また、ISO27001審査を通過するためにはしっかりとした社員教育を行なう必要があるので、必然的に社員のモラルやマナーの向上にも繋がってきます。業務フロアに入退室する際はセキュリティカードをかざすや、離席時はスクリーンロックをかける、メールの添付ファイルにはパスワードをかけるなど基本的なことを再認識できる良い機会にもなるのです。情報漏洩を防ぐためには社員1人1人の意識の向上が必要となってきます。ISO27001審査は非常に厳しい内容となっているので、社外にも社内にも良い効果を与えることができるのです。